人気ブログランキング |
ブログトップ

*juneberry-days*

junenatsu.exblog.jp

*復活*元気になりました❤

大変、お騒がせしましたm(--)m
土曜日夕方、息子も無事に退院でき、ほっとしております♪
ようやく復活しました^^
暖かいコメント、とっても嬉しかったです!!
ありがとうございました。

土曜日の夜、息子のクラスメートの女の子とお母さん来てくれました。
遠足(動物園)に行けなかった息子を思い、
一生懸命折り紙で動物をたくさん折ってくれたクラスで仲良しの女の子。
言葉では言い表せないほど、とっても嬉しかったです!!
優しい気持ちを、本当にありがとう❤
e0175838_9433794.jpg






23日、PM7:00
          娘の様子がおかしい事に気が付き、熱を測ると38℃。様子をみて                           明日受診しようと思う。
24日、AM6:00
          娘の熱は39.5℃。病院が開くのをまって受診。
          結果インフルエンザA型の判定。
     正午前 
          息子の咳&呼吸が荒いの気づき、受診(熱は平熱)
          病院にて吸入し、少し落ち着く。
     PM3:00頃
          息子の熱が上がりだす。もう一度受診。
          インフルエンザの検査はまだ出ないでしょうとのことで
          検査はしなかったものの、
          確実にインフルの可能性が高いとのことで、タミフルを処方
     PM10:00
          息子の呼吸がさらにおかしく、お腹がペコペコしていて苦しそう。
          救急対応できる病院を探し、旦那が自宅車
          (修理中のため、代車で)連れていく。
          吸入をして落ちいたので、帰宅。
25日、AM1:00
          また、呼吸が荒くなっていき、お腹をペコペコさせて息をしている。
          先ほどの救急病院に旦那が連れて行き、
          血液検査・インフルエンザ検査・肺のレントゲンをとる。
          インフルエンザ陽性、肺に酸素がいっていない、
          血中酸素濃度が低いとのことで、
          感染症の病棟のある病院に救急車で搬送し、入院(PM3:00)。
 AM7:00
          旦那が病院から帰宅
          (最初の病院まで車を取りにいってからの帰宅)
     PM1:30頃
          私の母に娘(熱下がる)と自宅で留守番をお願いし、
          旦那と二人で病院へ。
     PM4:00頃
          旦那調子がおかしくなり(熱37.0℃)、先に帰宅
          (←夜38.0℃の熱、26日受診にてインフル確定)
     PM6:00頃
          呼吸器をつけた息子と別れ、帰宅。
26日、PM2:00
          息子の病院に到着。呼吸器の酸素濃度を少しづづ下げていく。
          回復しているのかな?でも、まだ息は苦しそう。
27日、PM1:30
          息子の病院に到着。前日より酸素濃度が下がり、
          酸素マスクから鼻のチューブに代わっていた。
          熱も今日は下がり、その後、そのチューブも取れて、
          今までいたリカバリ室から、一般病棟に移る。
          多部屋なのに、他の患者さんはいなくて、一人きり。
          帰り際、寂しくて泣いて泣いて仕方がない。
          寝るまでいようと思ったが、寂しくて寝れない様子。
          看護婦さんにお願いして、寝るまで付いていてもらい、
          私は帰る(長居すると、余計精神的に息子も参ってしまうと思って、
          気っぱり帰る)。
28日、AM11:00
          土曜日のため、面会時間がはやい。
          午後、レントゲンをとって、肺の調子が良いようであれば
          退院できるとのこと。
          退院の決定!!


本当に、無事に退院できて良かったです。
感染症のため、ベットの周りは透明のビニールカーテンで仕切られていて、空気清浄機が作動していました。
カーテンの中に入るには、マスクはもちろん一枚割烹着みたになのを羽織って入らなくてはなりませんでした。看護婦さんも入るたびに割烹着を着ます。
なので、徐々に元気になって、ベットの上でつまらなくしていても、看護婦さんもあまり相手にしてくれず、ちょっと寂しそうでした。
息子はそこから出ることが出来ないので、トイレにも行けず、簡易トイレで....という感じ。
小児病棟、他の患者さんはプレイルームで遊んだり、看護婦さんと折り紙をしていたりと、入院中とはいえ朗らかな雰囲気もあるのですが、リカバリ室内はピリピリモードですし、移動しても息子はカーテンの中なので、
入院中は終始、重たい雰囲気でした。
私はたくさんの絵本や本の朗読&折り紙、ビデオをプレイルームから借りてきたり、なるべく気分も落ち込まないように、頑張っていました。久しぶりかも、こんなに息子と向き合った時間。

帰ってきて、とっても痩せてしまった息子をみると、かわいそうですが、本当に無事に退院できて良かったです!!
どうぞ、今インフルエンザで苦しんでいる子供たちが、重症化することなく、無事に回復されることを、心から祈っています!!
by juneberry-natsuki | 2009-11-30 10:35 | 日々のこと
<< お年玉袋*消しゴムはんこセット* とうとう、我が家にも(>... >>