ブログトップ

*juneberry-days*

junenatsu.exblog.jp

お盆

e0175838_918328.jpg

薄暗い写真になっちゃったけど、
昨夜は私の父の本家でお盆の送り火でした。
「本家」なんて、死語になりつつあるのかな。

毎年変わらない、私が物心ついたころから覚えている、夏の行事です。
今じゃあまり見かけなくなったけれど、子供たちの記憶の片隅にでも残ってくれたらな。
おばあちゃん、おじいちゃんが生きていた頃から先祖を迎え、そして送り。
そのおばあちゃん、おじいちゃんを今は迎えて、送り…。
そうやって命って続いて来たんだと思うと感慨深くなります。


お腹の大きないとこが二人
「今年はまた、おじいちゃん、おばあちゃんのひ孫が二人も増えるのよ。」
お空から見守っていてね。
[PR]
by juneberry-natsuki | 2012-08-03 09:17 | 日々のこと | Comments(2)
Commented by でんでん at 2012-08-06 10:53 x
夏の変わらない行事…大事に伝えていきたいよね。
きっときっと子供たちの心に残っているよ。
私も子どもの頃は、いつもお盆にはからの提灯を持ってお墓参り、
帰りに火をもらって帰ったこと。よく覚えています。
今は亡きおばあちゃんをいつも思い出します。

主人の実家にはそういうのはなくて、でもお墓参りはします。
だから子供たちには伝えられないけどね。
今日は、朝黙とうすることだけは、伝えられているかな・・・・

きっときっとご先祖様たちはお空から見守ってくれているね。
Commented by juneberry-natsuki at 2012-08-06 12:36
★でんでんさんへ
でんでんちゃん、こんにちは♪
毎日暑いね~~が口ぐせになりつつあります(^_^;)

我が家も主人の実家はそういうのはなくて、お墓も岐阜で遠いので、
主人もそういった経験は少ないようです。
私の父の実家は昔からの地元農家だったからね~~。
本家・分家のようなものが沢山です^^*
この先はそういう時代じゃなくなっていくのでしょうね~~。
こんな日本の風習を学べるなんて、子供たちは恵まれているのかもしれません。
お盆の風習も地域によっていろいろですよね~~。
お墓にお迎えに行って送りにいくのかな?
会社勤めのころ、式根島に社員旅行で行ったとき、式根島のお盆がそんな感じでした。

今日は・・・私だけ黙とうしました(^_^;)
これからの平和を願い、幸せに生活出来ていることに感謝ですね。

<< 青い鳥♪ ニットのクッションカバー >>